組織

概要

 国立大学図書館協会は1954(昭和29)年に開かれた第1次全国国立大学図書館長会議を起源とし、 1968(昭和43)年に設立された「国立大学図書館協議会」を前身として、 国立大学法人法が施行された2004(平成16)年に現在の形になりました。国立大学図書館の緊密な連携と協力により、図書館機能の向上を支援するとともに、広く学術情報資源の相互利用を推進し、学術情報流通基盤の発展に貢献し、もって大学の使命達成に寄与することを目的としています(会則第5条)。

 全国86の国立大学、放送大学、5つの大学共同利用機関の図書館を会員として組織し、年1回総会を開催しています。また、会長・副会長(各1名)を置き、全国8つの地区協会から選出された16の図書館からなる理事会、監事(2館)に加え、協会の事業や調査研究を推進する5つの委員会を設置しています。