沿革

1949(昭和24)年 国立大学設置法の交付。各国立大学に附属図書館が設置される。
1954(昭和29)年 第1次全国国立大学図書館長会議開催(横浜)
1964(昭和39)年 「全国国立大学図書館長会議会則」が施行
1965(昭和40)年 「岸本英夫博士記念基金」の運用を開始
1968(昭和43)年 「図書館長会議」を改組し「国立大学図書館協議会」を設立
1972(昭和47)年 『大学図書館研究』を創刊
1987(昭和62)年 第1回国立大学図書館協会シンポジウムを開催
2000(平成12)年 電子ジャーナルタスクフォースを設置
2004(平成16)年 国立大学法人法の施行。「国立大学図書館協会」に改組。
2005(平成17)年 「岸本英夫博士記念基金」を「国立大学図書館協会記念基金」に変更
2009(平成21)年 「オープンアクセスに関する声明について~新しい学術情報流通を目指して~」を発表
2016(平成28)年 「国立大学図書館機能の強化と革新に向けて~国立大学図書館協会ビジョン2020~」を採択